非球面レンズ研削・鏡面加工 | 非球面レンズ研削盤(ナノマシン)の加工事例

超精密非球面レンズ加工機N2Cseriesによる非球面レンズの研削加工・鏡面加工の事例をご紹介します。


世界最大サイズの
非球面レンズ研削加工。

非球面レンズの鏡面研削とは、ガラスなどの脆性材料ワークを非球面形状かつ鏡面状態に研削加工することです。従来、遊離砥粒を用いたラップ加工が一般的でしたが、固定砥粒を用いた研削加工でも鏡面状態に仕上げることを可能にしました。これにより大型の光学レンズ製作にかかる時間を大幅に短縮可能になりました。ナガセの超精密研削盤で加工されたレンズは国立天文台ハワイ観測所の「すばる望遠鏡」や広島天文台「かなた」などで採用されています。



加工サンプル

非球面レンズの形状創成鏡面加工

形状精度:±1μm以下
面粗度:Ra 1nm,Rz 7nm
 
材質:クリアセラム
サイズ:φ250×50mm 
加工機:N2C-53US4-N4

超精密レンズの鏡面研削加工

形状精度:0.8μm
面粗度:Ra 1.3nm,Rz 9.9nm

材質:クリアセラム
サイズ:Φ200mm
加工機:SGC-630αS4-Zero3


岡山3.8m望遠鏡の分割鏡の加工

製作期間:26日/枚
形状精度(修正研磨後):0.15μm以下 

鏡面形状:近似球面半径10mの軸外し双曲面
材質:クリアセラム
サイズ:1000×700m扇形 
加工機:N2C-1300D

岡山3.8m望遠鏡の分割鏡の加工(加工精度)

形状精度(超精密研削加工後):1μm以下
形状精度(修正研磨後):0.15μm以下 
面粗度(超精密研削加工後):rms 80nm
面粗度(修正研磨後):rms 2nm


トーリックレンズ金型の非球面研削加工

面粗度:Ra 1nm,Rz 7nm 
材質:超硬
サイズ:100×24×18mm 
加工機:N2C-53US4-N4

f-θレンズの非球面研削加工

形状精度:0.3μm以下
材質:BK-7
サイズ:176×20mm 
加工機:N2C-53US4-N4



お問合せ先

ご興味がある加工やご検討中の加工がございましたら、 下記フォームよりお気軽にお問合せ下さい。

ご相談は無料です。まずはご検討中の加工に関する精度、サイズ、素材などについてお聞かせください。
テスト加工、試作支援、設備利用に関しても、弊社テクニカルセンターのベテランエンジニアが
最適な方法などを検討して、迅速にご回答させて頂きます。(お急ぎの場合は各地域営業所まで)



page top


Copyright NAGASE INTEGREX Co.,Ltd. All Rights Reserved. 連絡先:〒501-2697 岐阜県関市武芸川町跡部1333-1 TEL:0575-46-2323 FAX:0575-46-2325